博和会が求める歯科衛生士

博和会が求める歯科衛生士

 

| 博和会の魅力 | 1日の仕事 | 求める歯科衛生士 | キャリア形成 育成制度 | 歯科衛生士募集 | エントリーフォーム

新しい職場を探しているあなた、面接に応募する前に考えてみてください。
以前の職場を辞めた理由は? 人間関係?お給料?勤務条件?… そして新しい職場に求める条件は?
“通いやすくて、拘束時間はなるべく短く、職場の仲間と仲良しで、そこそこ満足できる額のお給料を
もらって、プライベートな時間は仕事のことは一切考えないような生活…
仕事上のストレスも職場の仲良しグループでお互い愚痴を言い合って発散… それだけで十分、
そんな歯科医院に勤めたい…”こんな風に思っていませんか?
歯科医院勤務経験者の多くが職場に望む条件はこんな事ではないでしょうか。
でも私が第一にあなたに質問したい事…それは…

“あなたにとって仕事とは何ですか?”

私たちが求めるメンバーは、雇用条件よりも仕事そのものを最優先に考える、仕事そのものを楽しみたいと
考えるスタッフです。
お金も時間も十分にあって、南の島で毎日のんびり暮らす生活…
こんな生活を一生送りたいと思いますか? 私なら大好きな日々の仕事を懸命にやって、
たまには長い休みを取ってエネルギーを蓄え、バカンスを楽しみ、また大好きな仕事に戻りたいと
思うのです。
私たちはあなたが歯科医院のスタッフとしての仕事が大好きになってほしいのです。

日曜日の夜、「あー明日からまた仕事か~」とブルーな気分になるのではなく、
「明日からまた楽しい日が始まる」…そんな生活がいいと思いませんか?
そして数年後、あなたが仕事を通して自分自身が人間として成長したことを実感してほしいと
思っています。

私たちの医院ではスタッフ同士のトラブルはありません。
なぜならドクター・衛生士・アシスタントなどのすべてのスタッフが常に同じ方向、
すなわち患者さまの方向を向いているからなのです。
従って、スタッフ同士の些細ないさかい等は誰も見向きもしないのです。
もしそんな種をまき散らすようなマイナスなスタッフがいれば、そんな人こそ他のメンバーの誰にも
相手にされなくなり、自分から身を引く結果になるのです。
私は院長として一番大切なことはあなたたちスタッフ全員の幸せであると常日頃思っています。

スタッフの幸せなくして患者さまの幸せは有り得ないと思うからです。 私たちの仕事は他のいろいろな
職種に比べてもとてもやりがいのあるすばらしい仕事です。
その一番の理由は、患者さまが笑顔で心から“ありがとう”と言って下さいます。
お金を頂く患者さまから“ありがとう”と言ってもらえる仕事…こんな仕事に従事できるとはなんて
ハッピーなんだろうと思いませんか?
この患者さまの“ありがとう”の言葉のために、私たちはおごることなく自分自身を高めなければなりません。

そしてスケーリングテクニックなどの技術的スキルばかりではなく、人間的にもスキルアップすることが
私たちメンバーすべての共通の目標なのです。

私たちの考えに賛同し、ぜひメンバーに加わりたいと思うあなたを待っています。


博和会が求めるスタッフ像

  • 素直であること!
    自分は素直な性格だと思いますか?素直な人は、人から愛され成長も早いです。博和会では、素直な人を求めています。
  •  

  • プラス発想であること!
    常に未来形で「どうしたらいいか?」を考える「プラス発想」な方を求めています。 失敗もポジティブにとらえ、過去から学び「二度とやらない様にどうすればいいか?」を考え実践する人を募集します。
  •  

  • 勉強好きであること!
    「勉強」とは、興味があることや「自分にとって本当に必要だ」と思っている事を学ぶことが出来るかです。歯科医院で働くには、今まで知らなかった事を多く学ばなくてはいけません。「仕事にいかに向き合うことが出来るか」が大きなポイントとなります。
  •  

  • 情熱があること!
    どんな能力も情熱の掛け算によって変わります。情熱によって成長し成功していく人材を求めています。
  •  

  • 人前で自然な笑顔を出せること!
    コミュニケーションのファーストステップは笑顔です。人前で自然な笑顔を出すことが出来る人材を求めています。
  •  

  • 感謝の気持ちを常に持てること!
    今まで育ててきてくれた人、これから支えてくれる人に感謝を出来ますか?感謝する力はとても重要なスキルです。
  •  

  • 相手の立場に立って行動できること!
    チームワークによって診療は成り立っています。相手の立場に立って行動できる人。1歩、2歩先の行動を取ることができる人を募集中です!
  •  

    ページ上部へ戻る